車買取

新車購入に適した時期

「車を買うなら新車!」と考えられている方もいらっしゃると思います。

 

新車はやはり新車だけあって、価格が何百万円~と高額です。

 

それに、カーナビをつけたり、オーディオをつけたり、オプションをプラスすることによって、さらに価格はアップしてます。

 

これだけ大きな買い物となると、できるだけお得にしたいものですよね。

 

お得に買い物する方法として、【時期を選ぶ】という手があります。

 

それでは、新車購入に適した時期をご紹介していきます。

 

実は、新車ディーラーには、特別な値引き決戦が行われる特別な月があるのです。
この月は、ディーラーは何があっても絶対に目標数字を達成しなければならないので、今までよりも大幅な値引きを引き出しやすくなっています。
随分と安くなる可能性があるので、この時期は要チェック!です。

 

その① 決算月

 

・3月の年末決算
・9月の半期決算

 

一般的にこの時期は、大幅値引きされます。
一年を通して、3月度の車検が多いのも年度末決算の影響です。

 

また、6月、12月は四半期決算と呼ばれています。

 

その② 商戦月

 

これは、ボーナス商戦とも言えます。

 

・夏のボーナスを狙って → 7月、8月
・冬のボーナスを狙って → 11月、12月

 

メーカーによっては、あまり力を入れていない場合もあります・・・・・。

 

その③ その他の決算月

 

モデルチェンジ、マイナーチェンジ前に値引きされるケースもあります。
特に新しい型に変わるモデルチェンジ前は特別仕様車などのお得なバージョンも多く、良い買い物ができる可能性が高いです。
唯一の問題点としては、その車が近いうちに型遅れモデルになってしまうという点が挙げられます。

 

値引きを狙って決算月に車を購入する時の注意点があるので、ご紹介します。

 

決算や商戦の実績数字というのは、車の注文日ではなく、車が登録されて初めて実績となります。

 

購入したい車の在庫があったとしても、登録まで10日~2週間ほどの日数が必要となります。
購入するにしても、万が一決算月、商戦月のうちに登録できなければ、その月の実績にはならないので、いくら決算月、商戦月であっても大きな値引きを引き出すことはできません。

 

もし、決算月、商戦月を狙って車を購入するのであれば、その月中に車が登録・納車されるかどうかを計算して商談に挑むようにしましょう。

 

ちなみに・・・・・・・

 

乗用車  → 最低でも月の半ばまで。
軽乗用車 → 最低でも第3週まで。

 

この時期までに購入を決断するようにしましょう。

 

また車種や仕様によっても納期が変わってくるので、決算月、商戦月前から早めに行動を起こし、話を煮詰めておくようにしましょう。

人気温泉旅館5つ星の宿の料金プランは?

Yahoo!、Googleの検索エンジン対策

広島市広島駅のビジネスホテル情報

福山で不動産売却を検討の方はひろしま不動産まで。知識豊富なスタッフが対応します

人気おすすめ不用品回収、激安格安はこちらの東京で

サブメニュー